2015年9月23日水曜日

ナンチャッテ登山(;^ω^)奥秩父ユルフワ踏破への道 笠取山 奥多摩川最初の一滴にお礼参り

9/22 シルバーウイーク またまたナンチャッテしてきました。

奥多摩川に遊ばせてもらっている身としては、何時かは尋ねてみたかった場所。
笠取山は水干にお礼参りに行って来ました  (`・ω・´)

今日は一人、作場平駐車場を6時スタート!












前回の大菩薩嶺、8年使った登山靴がぶっ壊れた (;・∀・)
確か下の娘が5年生の時に一緒に行った高水三山縦走に合わせて買った靴だ。
ガルモントのアウトレット品だったか?ワイルドワンで買ったヤツだ。
アッパーはGORE-TEXなものの、ソールはグニャグニャに柔らかい。
その柔らかソールが剥がれて、つま先のラバーが分離しちゃいますた (;・∀・)
使てなかった期間が5年程有るとは言え、これは明らかに経年劣化であろう。
よってここ一発!気合を入れてニューウェポンの投入となったのさ。

kayland MERU












得意の秀山荘で購入、清水の舞台から fly haight な値段でしたが (((( ;゜Д゜)))
師匠と同じく、まずはカッコから入るのだ (;・∀・)
しかしソールが固い!これは本物?これが本物だ!
でも Σ(゚Д゚)スゲェ!!  フィット感って言うか (*´д`;)…
しかしまぁ、これが歩き過ぎの原因になろうとは・・・
この時は知る由も無かったのさ。(;・∀・)

しかし噂には聞いていたが、実に気分の良い森だ (・∀・)












この森は流石に昔の東京府?が買い占めたと云うだけはある。
そこらじゅうに水が湧き出して山全体がダムの様なのだ。












その沢沿いの道を詰めると尾根に乗った!
これがヤブ沢峠?登山道が随分と広くない!?












これって林道じゃないの??
って思ってたら本当に車が走ってきた(;・∀・)












この先の笠取小屋関連の人たちだろうか・・・
しっかしマジで車が走ってんのかよ (;・∀・)

暫く行くと、その笠取小屋だ。












排気筒(仕事がらこう言います)からの白い煙が良いじゃない(・∀・)
小屋は雰囲気だけ味わって先に急ぐ、木道が足に優しくない!!












ソールが固すぎなのか Σヽ(゚Д゚; )ノ
そして、その木道の先には・・・












あれかよ (;・∀・) 目が眩むんですけど・・・
その前に雁峠分岐、これまた随分と気持ちが良い峠な様で。。。
寄れば良かったなぁ (´Д`)












他にも何やら?












何か人が沢山居るんですが・・・( ; ゚Д゚)
居なくなるのを待って検分する  (`・ω・´)
小さな分水嶺??










 











なるほど・・・
以上「小さな分水嶺」検分終了(`・ω・´)
そしてこれも検分!












┐(´д`)┌ ハイハイ 検分終了。
そして遂に目の前に現れたのは・・・
これ登るんですか (;´Д`) 死ぬって(;・∀・)












(((;-д- )=3ハァハァ   クッ……苦しい












後少し (((;-д- )=3ハァハァ












グハァッ!?!












 登った先は展望が良い西山頂だ (・∀・)
しかし・・・





































微妙に雲が掛かって富士山どころか金峰瑞垣?も見えない( ´Д`)
よく見えるはずの大菩薩まで見えないじゃないですかぁ~ヽ(;´Д`)ノ
まぁそれでも直ぐ隣の燕山や古礼山、一番奥に見えるのは水晶山なのか!?
雄大な景色に良しとしたい所だけど・・・

残念!富士山が見えない (´・ω・`) ここ最近フラれっぱなしだなぁ

先を行こう、奥にある標高点の東山頂は軽くスルーして・・・












 本日一番の目的である水干に向かう。












あれか!?












噂には聞いていたが・・・
何やら荒れてるねぇ (´・ω・`)
雨やら台風の影響なんだろうな・・・












最初の一滴はもう少し下??
「多摩川の最初の流れが見られます」ですと?!












 そうかこれが・・・












 奥多摩川最初の湧き出しなのか・・・
水干神社ではなく、この流れに思わず手を合わせてしまいました。

(TдT) アリガトウ 多謝 感謝

さてこの時点で10時半、まだ時間的に余裕過ぎる!
そして新しいシューズは絶好調!!

もぉ、この書き出しでワタクシがニワカ登山者だってバレバレですな (;^ω^)
じゃぁ隣ににある唐松尾山でメシでも食おうかなんて、(;・∀・)
ホントバカでした( ´Д`)
唐松尾山は多摩川の集水域の最高峰!
2100m越な今までで一番高い山なのだ(;・∀・)

あれかよ ( ; ゚Д゚)












直ぐ隣じゃないし ( ; ゚Д゚)
しかも、あんな高いのかよ ( ; ゚Д゚) ( ; ゚Д゚)













もぉヘロヘロ
ソールの硬さがだんだん違和感に変わってきた様な・・・
もしかして痛い?痛いのか??
さっさと飯を食って、そそくさと下山開始だ。

しかしこの山、水とキノコが本当に豊富なんだな。
そこらじゅうに湧水やらキノコがワサワサと湧き出している。
















































なんとか川中島下山口に到着、この時点で16時半!













 ここから一之瀬林道を1.8kmで作場平へ。
この区間が一番キツカッタ (;´ρ`) グッタリ
足が・・・足の裏が痛い Σヽ(゚Д゚; )ノ
「山と高原地図」やら山旅ロガーを確認すれば・・・
なんと19kmも歩いていた !  (;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)












実働11時間とか (;・∀・)ハッ?
調子にのってニワカ丸出しになってしまいました (;^ω^)
正直、引き返すチャンスはいくらでもあったのだ。
しかし鹿角を拾ったり、2100mを超える標高に惑わされてしまった。

まぁ無事で何より、さて今度は何処に行こうか!?
↑懲りないバカ

差し当たり9月30日は小出し夏休み最終日を取っていますが何か?
釣り行こ (`・ω・´)

4 件のコメント:

  1. すっかり、「なんちゃって山屋」ですね。 それにしても、初めてのルートを1人で11時間歩くとは、すごい!
    僕も、いつか多摩川の「最初の一滴」を見てみたいです。

    返信削除
  2. SAMUさん、こんばんわ
    さしあたり、このブログを見てくれている皆さんの分も含めてお参りしてきたつもりです(・∀・)
    SAMUさんも、笠取山水干には釣りに行ける体力があるうちに是非行ってみてください!

    標高は2000mを少し欠けますが、私の様なアホ丸出しをしなければ往復5時間、半日で帰って来れますよ(・∀・)
    本当に素晴らしい山でした

    返信削除
  3. ニューウェポンは絶好調の様で何よりっすね!!   でも調子に乗って無理はしないで下されw  こちらも何とか準備致しますです m(_ _)m

    返信削除
  4. カルさん、お晩でやんす
    靴は少々本格的過ぎたかも・・・
    失敗とは言わないが、もぉワンランク下のクラスでも良かったかな
    まぁ、いつもカッコから入るんで(;・∀・)
    カルさんは新調にチョイスしましょう(・∀・)


    返信削除